スポンサードリンク

2007年03月08日

千成亭のハンバーグで修行すべし!?

お取り寄せグルメにはまっている友人から、
教えてもらった千成亭のハンバーグ。
正式には「かのこハンバーグ」というらしい。

霜降り肉を包丁で叩いたものを使っているので、
一瞬「生?」と思ってしまうようなやわらか〜い食感がたまらないそうだ。

うーむ、ハンバーグの分際で霜降り肉とは生意気な・・・。
などと言ったらハンバーグ好きな息子に怒られるかしら?

そう。息子は無類のハンバーグ好き。
「今日は遅くなっちゃったからお弁当買おう」などという時は、
必ず「チーズハンバーグ弁当」。

「たまには違うのにしたら?」と言っても
「おいしいから」と言って、絶対変えない。

そんなに好きなら・・・というわけで、
お誕生日にはチーズハンバーグを作ってあげた。

しかもテレビで紹介されていた裏技ハンバーグだ。
といっても焼く前の成形したお肉に片栗粉をまぶしてから焼く。
ただそれだけ。

でもね、それだけで肉汁が閉じ込められて、
とってもジューシーに出来上がるんですって。

焼き加減はよし!

焼きあがったハンバーグに、軽く温めたチーズをのせ、
焼いた時に出た肉汁にケチャップとソースを混ぜて作った、
特製ソースをかける。

見た目もよし!

「いっただっきま〜す。」
「どう?おいしい?」
「うん」(よしよし)

自分も食べてみた。
確かにやわらかい。
やわらかいんだけど・・・・

思うに、ソースとチーズの味が強すぎるのだ。
肝心のお肉の味とジューシーさがわからない。

まだまだ修行が足りないようだ。

ここはぜひ千成亭のハンバーグを食べて修行に励もうか。

待てよ。
千成亭のハンバーグの場合、素材からして違うのだから、
修行云々の問題ではないのかしら?


posted by アリエル at 23:08| 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。