スポンサードリンク

2007年03月06日

株の確定申告と彼女の関係

休日に学生時代の友人を夕食にでも誘おうと電話をしたら、
その日は確定申告で忙しいからと断られてしまった。

彼はごく普通のサラリーマン。

大金持ちでもないのになぜ確定申告が必要なのかと尋ねたら、
株を始めたからだという。


株取引をはじめ財テクにはまったく興味のなかった友人なのに、
昨年証券会社に勤務する女性とつきあうようになってから
株の売買に興味を持つようになったらしい。

昔からガールフレンドに影響されやすい人だったからね。

でも確定申告って夕食にもつきあえないほど大変なことなのかな。

確かにこの時期、書店に並んだマネー雑誌の表紙には
「確定申告」や「源泉徴収」、「株」や「所得税」などの文字が並んでいる。


私は株取引の経験はないけれど、
確定申告の時期がくるたびにそんなタイトルの特集記事が
掲載されるくらいだから、株を持っているとかなり面倒な
申告手続きが発生するのかもしれない。


そのへんを友人に尋ねると、
株取引で確定申告に関わってくるのはまず売却益。

その株の売却益には10%の税金がかかるという。

株を取引する際に開設する特定口座で「源泉徴収あり」を
選択していれば、株を売却し利益が出るたびに
証券会社が税金を徴収してくれるので確定申告の必要はないという。


ところが友人のように特定口座の申込みを忘れると、
自分で株の損得を計算し申告書を作成しなければならない。

そのためには1年間の株の売買報告書をすべて揃えて
税額を確定する必要があるらしい。


友人が忙しいと言っているのはその報告書が
どこかに紛れて見つからず、家じゅうを
さがし回っているからなのだ。

それなら彼女と協力して探すなり、
彼女に頼んで証券会社の株式売買記録を入手してもらえば
いいのに、彼女には悪いから頼めないという。

昔からガールフレンドには弱い人だったからね。


これでは当分夕食につきあってくれそうもない。
すっかり彼女のお尻に敷かれている友人。

株にしろ彼女にしろ最初に押さえるところを
押さえておけば、あとで面倒なことにはならいないと
私は思うんだけどね。


posted by アリエル at 08:48| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。