スポンサードリンク

2007年02月27日

野菜嫌いは料理以外でもで克服できる

子どもは野菜を使った料理が苦手だという場合が多いらしい。

苦味のある野菜、ピーマン・ほうれん草などはダメと思うんでしょうね。

大人の私でも春菊は美味しいと感じないし、野菜が嫌いな子どもの気持ちも理解できる。そこで登場するのが「野菜嫌いの子どもが野菜を食べられる美味しい料理」ってパターンね。

よくママ向け番組で見かけませんか?

さて、私はあまり料理が得意ではないので、子どもが野菜が苦手だとしても「細かく切ってみる」とか「ひと手間かける」ことをほとんどしません。

だから子どもが食べられる野菜は、かぼちゃ、にんじん、じゃがいも、キャベツ、きのこ類など。
それでも昔と比べたら口に出来る野菜料理が増えてきたと思う。

これも給食のおかげ。
自分と同じ年の子どもが野菜をもりもり食べていると「自分も食べよう」と感じるらしく、だんだん食べられるようになったのだ。

多分私が手間をかけて作ったといっても、子どもが食べられるかというと真相は不明。

でも、お友だちの影響はうんと大きくて嫌いな野菜が「ちょっと苦手」という程度にまでなった。

だから赤ちゃんや乳児時代の好き嫌いで悩んでいるお母さんは、まだ焦らなくていいと思う。
子どもが保育園や幼稚園などの集団生活をスタートさせると、少しずつ野菜を口に出来るようになるのだから。

うちは子どもが野菜嫌い真っ只中のとき、夫に「おまえが野菜を食べられるように料理しないのがいけない」と注意されていました。嫌な思い出・・・。


posted by アリエル at 23:22| 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。