スポンサードリンク

2007年02月15日

携帯電話の歴史、驚くよ〜

今の時代、携帯電話は必需品。
手放せないですね…

電話するだけじゃなくて、メールもできるし、インターネットだって、できちゃう。

何か調べたいときも、思いついたときに、片手でスイスイ…
携帯電話をかざすだけで、料金の支払いもできるし、
電車にも乗れちゃう。

音楽も聴けるし、テレビも見ることができるのだから、実に便利!!

いったいいつ頃から、この世に登場したのかしら?
ってことで、携帯電話の歴史をちょっと調べてみた。

日本では、1987年に現NTTドコモが携帯電話のサービスをスタートさせた。

その2年前に、「ショルダーフォン」という持ち運べる電話機が発売された。

このショルダーフォン、確かに「持ち運べる電話機=携帯電話」とも言えるのだろうけど、
肩から提げるタイプで、大きくて重かったらしい。重さ約3kg!
そんなもの持ち歩いてたら、肩が痛くなっちゃうでしょう!?
しかもそのバッテリーは約40分しか通話できず、レンタル料も高額だったとか。

まぁ持っていることがステイタスであるということだったらしい。

今じゃ、考えられないような「携帯電話」ってことで、
その後、めざましい進化を遂げ、今現在の携帯電話になったわけですね。

携帯電話の歴史といえば、携帯電話会社の競争もますますヒートアップ!?

いかにして、みんなのハートをキャッチするか??
料金で勝負か?サービスを充実させるか?携帯電話のラインナップがどんどん充実していき、
通話料などが引き下げられるのは私たちにとっては嬉しい話。
あとは、携帯電話で何ができたら、便利かしらね??

(携帯電話 歴史)


posted by アリエル at 23:05| 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。