スポンサードリンク

2007年02月15日

劇団四季のキャッツ、ストーリーはどんな?

劇団四季といえばキャッツ、ですよね。

ミュージカルとか演劇を見たこと無い人も、劇団四季と聞けばキャッツと思い浮かぶと思います。(たぶん)私は演劇を年に1、2本必ず見に行くのですが、まだミュージカルは本物を見に行ったことがありません。

私が劇団四季をはじめて知ったのは、ミュージカルでも「キャッツ」でもなく、「この生命はだれのもの」という劇でした。

「尊厳死」という重いテーマを扱っていることと、キャストが他の劇団四季の公演に比べて、すごく少なかったことが「キャッツ」などの華やかな舞台とかけはなれていて同じ劇団四季の作品とは思えませんでした。

私の周りで小さいお子さんを持ったお母さんたちは劇団四季の「ライオンキング」を子供と一緒に見に行きたいと言う人が多くいます。

「ライオンキング」ならストーリー展開もわかりますが、一番有名な「キャッツ」って、一体どんなストーリーなんでしょう?

CMでオレンジ色の猫の衣装を着たダンサーが踊っている限りでは、まったくストーリーが読めません。

でも「キャッツ」CMのキャッチフレーズ、「一瞬さえ、ドラマ」という文句にはとても心惹かれるものがあります。

一度は見てみたい、「キャッツ」。
日本公演は6000回以上らしくて、「キャッツ」のリピーターもかなりいるみたいですよ。劇団四季のミュージカル。

子供と行くなら「ライオンキング」、友人と行くなら「キャッツ」。迷うところです。

(劇団 四季 キャッツ)


posted by アリエル at 23:05| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。